Natural Science(s) Buildingのはなし

全国の大学がグローバル化の波に乗ろうといろいろやっている流れなのか知らないが、うちの大学の各所にある案内標示板がある頃に一斉に4ヶ国語併記になった。(以前は日英2ヶ国語併記)

これがどうもデザインがアレだったり訳が怪しかったりするんだけど、こないだ面白いものを見つけた。

「自然系学系棟」と「理科系棟」の英語表記がカブっている。
正確には「Natural Sciences (A) Building」と「Natural Science Building」と言った具合に、複数形のsの有無の差がある。
実際には前者はA棟からE棟、後者はA棟からD棟まであるので、別にABCの有無で区別をしているというわけでもなさそう。

まず、大学内にある他の「○○学系棟」には、「Institutes of ○○」という訳が与えられており、
大学Webページに掲載されている英語のキャンパスマップ*1にも「自然系学系棟」の位置には「Institutes of Natural Sciences」とある。
しかし、Google ストリートビューで付け替え前の標示を見ることができるが、こちらは「Inst. of Physical Sci.」と書いてあるようだ。生物系の研究は「生物・農林学系棟」で行われているようなので、自然系学系棟で扱っているところの自然科学に与える訳としては「Physical Science」でも間違ってないのかなと思う。

一方「理科系棟」のほうは、キャンパスマップにもストリートビューにも「Natural Science Building」と書いてある。
理科系棟は以前は「理科系修士棟」と呼ばれ、広場を挟んで反対側にある「文科系修士棟」と対になっていた(英語名称は「Master’s Programs in ○○」)が、理科系だけが改称されている。

ところで、研究組織としての「学系 (Institute)」は2011年ごろに廃止され、教員組織「系 (Faculty)」に取って代わられているっぽい。なので、旧学群が再編されて「第3学群A棟」が「3A棟」になったのと同じように、学系棟も実情に則した名称に改称してもいいのではないか。しなくてもいいけど。

都道府県名の英字2字略号

アメリカの州には郵便公社による英字2字の略号があっていろいろ使われてるけど日本の都道府県にはそういうのはないので必要な場面ではいろいろなのが使われてるみたい

以下適当に調べてまとめてみました(例外などが多くいろいろなところを無視して載せていたりするので詳しくはリンク先を見てね)
ほかにもあるっぽけどとりあえず公的なのとか目ぼしいものだけ

県名 厚労 車両 繊維 KCJ 漁船
北海道 HK - HK - HK
青森県 AO AM AM AM AM
岩手県 IT IT IT IT IT
宮城県 MG MG MG MG MG
秋田県 AK AT AK AT AT
山形県 YG YA YG YM YM
福島県 FS FS HS FS FS
茨城県 IB IG IG IB IG
栃木県 TC TG TG TG TG
群馬県 GU GM GM GM GM
埼玉県 ST ST ST ST ST
千葉県 CB CB TB CB CB
東京都 TY TK TK TK TK
神奈川県 KN KN KN KN KN
新潟県 NI NG NG NI NG
富山県 TM TY TY TY TY
石川県 IS IK IK IK IK
福井県 FI FI HI FI FK
山梨県 YN YN YN YN YN
長野県 NA NN NN NN NN
岐阜県 GI GF GH GF GF
静岡県 SZ SZ SO SO SO
愛知県 AI AC AT AC AC
三重県 ME ME ME ME ME
滋賀県 SI SI SG SI SG
京都府 KY KT KT KT KT
大阪府 OS OS OS OS OS
兵庫県 HG HG HG HG HG
奈良県 NR NR NR NR NR
和歌山県 WA WK WK WK WK
鳥取県 TT TT TT TT TT
島根県 SM SN SN SN SN
岡山県 OY OY OY OY OY
広島県 HS HS HR HS HS
山口県 YA YU YK YG YG
徳島県 TK TS TS TS TO
香川県 KA KA KG KA KA
愛媛県 EH EH EH EH EH
高知県 KO KO KC KC KO
福岡県 FO FO HO FO FO
佐賀県 SG SA SA SG SA
長崎県 NS NS NS NS NS
熊本県 KU KU KM KM KM
大分県 OI OT OI OT OT
宮崎県 MZ MZ MZ MZ MZ
鹿児島県 KG KO KS KG KG
沖縄県 OK ON ON ON ON

筑波研究学園都市風水攷

今年の妄想は今年のうちに……

2013年は筑波研究学園都市50周年という節目の年だった。
筑波研究学園都市には、東西南北の入り口に「都市ゲート」と呼ばれるモニュメントがあって、それぞれ四神に見立てた四色(すなわち、東に青、南に朱、西に白、北に玄)が配色されており、よくこれを取り上げて「筑波は風水に守られた街」ということがある。*1 *2 一方「筑波の風水はよくない」という話もあるので、都市ゲートがそれをなんとかして補っているのかもしれない。
そもそも筑波は国家の一大プロジェクトであったが地元の反発を受けて計画を大きく縮小せざるを得なかったという経緯があるので、もしそういう呪術的なものに基づく街づくりを構想していたけど結果的にそれが不可能だったというのなら大いに有りうる。
これはひょっとしてそういう系の名残的なアレなのでは、と思える点をいくつかでっち上げたがいくつかあったのでメモしておく。もちろん僕は風水のことなど何も知らないんでしっちゃかめっちゃかなことを書いているに違いないことを保証する。

東京からの相対的位置

筑波は東京の過密対策を目的として、一部官庁の移転のために富士・赤城・那須・筑波の候補から選定された。しかし、閣議了解の際には、第一の目的に「科学技術の振興と高等教育の充実」が取って代わり、研究学園都市と名を変えた。
筑波は東京の北東であり鬼門であるが、北東は同時に「教育・知識・学業」の方位であるともいう。湯島聖堂江戸城の北東にある。
背景として「移転候補に研究・教育施設の名が多く挙がったので相応しい方角の筑波に決めた」または「地理的に筑波が優れていたのでその方位にふさわしい機関を移転候補に挙げた」というシナリオは十分に考えられる。

四神相応

有名な山川道沢説に従えば、北に筑波山、東に桜川、西に国道294号線、南に牛久沼が当てはまる。東と西は厳しいかもしれないが、盆地になっていないという点を除けば背山臨水の原則には即している。
4つの移転先候補、富士・赤城・那須・筑波のうち、富士山麓を同時期に定められた首都圏整備法の定める範囲内である山梨県側と考えると、どれもいい線をいっているようだが、やはり適地は筑波なのではないかと思える。
まあ、いろいろ調べるとおかしいのはすぐわかるが、本当に良い土地なら既に街ができているだろうし、条件が2つ揃っているだけでも験担ぎくらいには丁度良い。

筑波山からの相対的位置

中心市街地は女体山山頂の真南に位置する。既存集落を避け町村の境界地帯を開発しているので、用地は北北西から南南東に細長く、碁盤の目を経緯線に平行に設けることはそもそも困難だったと思われるが、東新井の一帯だけは旧集落を飲み込んでしまっているのは、どうしても中心市街地をここに置きたかったからではないだろうか。
ついでに男体山の真南は筑波大学、宝篋山の真南は産総研の中心部。
そして北大通り・中央通り・土浦学園線・南大通りは、夏至の日の出・冬至の日没の方角と平行。ただの偶然っぽい。

土地の由緒

なにより諾冊二尊(というかまさに陰陽だしそれだけで風水っぽい)が御座す筑波山があり筑波山神社があり、神皇正統記が著された小田城址もあり、いろいろあるし国運を賭すにはなんだかんだでふさわしい土地なのかもしれんと思うが、その話はなんか関係ない気がするのでいいや。
しかし、牛久沼の手前までの広い範囲の都市に筑波という名を冠したのは、言霊がどうとまでは言わないまでも、それなりの思いがあったのだろうなーという気がする。まあむしろそれ以外に何て名付けるよ、という部分もあるが……

発端

僕の適当な発言と、それに対するtmorio先生のリプライ。

あと前回の『地名攷』も含め、全体的にいそべさとし氏の古典的名著『筑波研究学園都市のなぞ』リスペクト。

筑波研究学園都市地名攷

筑波研究学園都市 研究学園地区の字の由来などのまとめとか考察とか。以前からちまちま調べていて書きためていたものですが、出典とかをメモしてなかったのでただの怪文書です。いつか裏をとったりしたい。
今回の対象は研究学園地区(国の計画によって建設されたエリア)で、周辺開発地区(それ以外)は対象としません。すなわち「花室」「大曽根」「手代木」などの旧集落や「桜」「東光台」「研究学園」(←紛らわしすぎだろ)など研究学園都市建設以降に開発されたエリアは含まれません。こちらもいつかまとめたい。

(2016/11/30) 久しぶりに読んだら文章が変なところがあったのでちょっと修正

概要

研究学園地区の地名には「旧字・町名・集落名・通称地名を採用したもの」「付近の伝承や寺社名などの民俗から採ったもの」「方角地名」「合成地名」に大別される。また、当時あった「大字○○」という冠称を削除する、「○○町」などの冠称や「○○△△」といった複合地名の形を取らないという方針があったことが伺える。また、旧町村を跨る地名の境界は旧町村境をほぼ踏襲し直線的に整理している。

筑波地区

上沢

大字水守字上沢から。字上沢は隣接する現・大穂にも跨っていたとみられる。また、大穂側に三等三角点「上沢」がある。なお、大穂との境界は現在は緯線にほぼ並行だが、旧町境は北西から南東に走っていた。

大穂地区

大穂

旧町名から。市制以前は上原で、谷田部町に同名の大字があったため改称した。こちらは大字前野字上原からで、これも北隣の現・上沢に跨っていた模様。

立原

未詳。旧字に大字蓮沼字原・大字篠崎字原山が、付近にも「原」地名が多くあり、また大字大曾根字タテタシ(漢字表記では「立出し」か)があることから、これらを合わせたものと思われる。ただし読みは「たてはら」ではなく「たちはら」。

南原

未詳。こちらも旧字に大字要元上口堀字西原・大字蓮沼字台/原山/原/桑原・大字篠崎字原山があり、これらの「原」地名から、あるいは大穂町全体から見て南に位置することから名付けられたものと思われる。

花畑

3丁目の現・花畑近隣公園に花畑城跡があり、旧字にも大字玉取字花畑がある。

西沢

未詳。旧字に大字要元南口堀字西原・大字東平塚字西原が、また区域外に大字要元弥平太字本沢があり、その合成、あるいは「本沢の西」からか。なお、北郷の西側外縁の道路が「本沢」という字として不自然に独立している。

豊里地区

旧旭村から。

桜地区

天王台

近隣にある一ノ矢八坂神社、通称「一ノ矢天王」から。

追記 (2014/04/20): 筑波大学新聞313号によると、『この(祇園祭の)時、仮屋を建て、神輿(天王様)を奉納したのが現在の天王台1丁目付近であったことから』とのこと。

天久保

大字妻木字天久保から。字天久保は現在の筑波大学5C棟付近にあたり、当時の論文に大学の住所として載っているものも見当たる。旧集落に松美開拓集落が現在の3丁目にあり「松美」の名は何故か採用されていないが、大学構内の松美池・松美橋に名を残している。2丁目の筑波大学医学地区は大半が旧谷田部町にあたる。

吾妻

妻木集落に「吾妻さま」信仰があり、旧字にも区域外に大字妻木字吾妻下があるほか、妻木神社の境内社として吾妻神社がある。日本武尊の神話と同根のものか。

竹園

竹園開拓集落より。

千現

倉掛の千現塚(富士山)から。江戸時代、倉掛村・花室村と小野崎村の間にあった秣場争いがあり、倉掛の住民は富士山浅間神社に祈願。勝訴の後に当地に塚を築き浅間(せんげん)神社を祀ったという。現在ではその争いの地も学園都市の下である。

並木

大字大角豆字並木から。

梅園

梅里開拓集落より。里が園に変更された理由は不明。

谷田部地区

北郷

未詳。旧谷田部町の北部に位置するからか。なお北郷の西半分は旧大穂町にあたる。

西原

旧字に大字西平塚字西原・大字東平塚字西原があるが、字西原は要・苅間・西岡・山中にもみられ、また交差点名に「西原南」(現・研究学園西)があることから、実際には広範囲にわたる通称地名だったと思われる。

追記 (2016/11/30): 現在は交差点名「西原」(新都市中央通り、研究学園2・3丁目)および公園名「西原公園」(学園の森2丁目)にも名を残す。

八幡台

大字柳橋字八幡台から。

春日

大字東平塚字春日/春日谷・大字苅間字春日から。苅間の北の御林を春日原といったという。

東新井

大字小野崎の旧新井集落から。東は谷田部町大字新井と区別するためと思われる。地区内には旧集落の道路を残した不規則的な街区がみられる。

二の宮

江戸時代、二宮尊徳の指導で洞峰沼から小野崎村に用水路を掘ったが失敗したという「尊徳の馬鹿堀」の伝承から。

小野川

旧小野川村から、あるいは付近を流れる小野川から。

松代

近隣の松野木集落および手代木集落より一字ずつ採ったもの。

大わし

手代木の大鷲神社から。ひらがな表記は当時の常用・人名用漢字に「鷲」が収録されていなかったからか。なお大鷲神社は「おおとり」と読むものが多いが当社は「おおわし」。農業の神様であり、大わしとはやや離れているが、農業系の研究所が所在する地名にしては最適かもしれない。

藤本

大字上横場字藤原/本郷地・大字榎戸字本郷地があり、これらから一字ずつ採ったものか。

観音台

近隣の羽成観音普賢院から。なお当地は布袋集落→谷田部海軍飛行場→農場集落→研究学園都市と変遷している。

長峰

大字西大沼・上原・館野にあった字長峰から。当地には研究学園都市建設以前から高層気象台があった。

谷田部町の東端にあることから。合併後もつくば市東のままであるためわかりにくい。

稲荷前

現・赤塚公園内の稲荷神社から。研究学園地区内唯一の神社である。

高野台

旧字に大字館野字高野山・大字谷田部字鷹野原・大字下横場字鷹野があり、「たかの」を「こうや」と読み替えたものか。

茎崎地区

牧園

未詳。

池の台

未詳。隣接する低湿地はもともと池であった様子。

松の里

未詳。もともと開発前はアカマツに覆われていたのはここに限ったことではないが、森林研に因んでいるとも考えられる。

西の沢

未詳。稲荷川の西側に位置することからか。

若葉

大字の若栗と羽成を一字ずつ採り、字を変えたものと思われる。

区名についての考え方

ついでに。
政令市の区は市街地を人為的に分断したり、隣接地域を合わせたりするものが多く、そういった区域は歴史的な意味を持たない場合がほとんどである。そこに敢えて東西南北を避けて、もっともらしい伝統的な地名を与えるのは弊害もあるかもしれないなーとも思う。まあ変に区名に凝るよりは町字名のほうが大事だと思いますな。
ちなみに他の方の区割り妄想では地名を尊重してかなり細分化していたのが多かったですが、僕は敢えてその流れに逆らってみました。妄想だもの。
さいたま市中央区は与野区に改称するかわりに、新都心はどの区にも属さない本庁直轄地にすればいいと思います。
あと相模原市緑区も橋本区と津久井区にして、北海道の総合振興局と振興局みたいな関係にしましょう。
静岡市は安倍区・有渡区・庵原区で。
大阪都構想で区の編成がどうなるかが楽しみです。

鹿児島市政令市区割り妄想

政令指定都市移行が決定した熊本市もすなる区割りといふものを、万年中核市鹿児島市もしてみむとて、するなり。

可住地面積人口密度ではたしか鹿児島が勝ってるので、都市としての実力は熊本に劣らないと信じてる。信じたい。
なお私は鹿児島市民ではないので市内のことはよくわかりません。
小手調べとして、市が設定している地域・地区を単位とする。(wikipedia:鹿児島市の町名が詳しい)

追記(2012/04/01)

pixivにうpしました。いろいろ再検討しようかと思ったけど、とりあえず版。エイプリルフールは特に関係無いです。

熊本市政令指定都市移行おめでとうございます。 by 4b3 on pixiv

追追記(2012/04/04)

pixivのほう、西区の一部(谷山北地区のうち五ケ別府町・山田町・皇徳寺台・星ヶ峯以外のエリア)を谷山区に編入してみました。

A区

中央地区、鴨池地区(以上中央地域)、桜島地域より構成。面積90km^2くらい、人口14万人くらい、人口密度1500人/km^2くらい。
区名は中央区、あるいは桜島区あたりか。本土側の人も桜島は誇りだろうからきっと問題なさそう。なお桜島を引き合わせたのは面積を他の区と同じくらいにしたかったから。桜島フェリーのある本港新町を上町地区から引っ張ってきてもよさそうである。区役所はあえて交通局とか。(わからん)

B区

上町地区(中央地域)、吉野地域、吉田地域より構成。面積100km^2くらい、人口10万人くらい、人口密度1000人/km^2くらい。
区名は鶴丸区あたりか。他の人の区割り妄想を見ても「鶴丸」という名前は人気らしい。この区割りだと鶴丸城はかなり端っこのほうだけど。吉上区みたいな合成地名も一応候補にしておく。北区は何となく避けたい。区役所は吉野支所。

C区

城西地区(中央地域)、伊敷地域、郡山地域より構成。面積120km^2くらい、人口15万人くらい、人口密度1200人/km^2くらい。
区名は甲突区がピッタリだが、甲突町がA区にあってやや面倒である。(塩屋町に戻せよ) なお甲突川の名は草牟田の鹿児島神社に由緒があるらしく、郡山にも甲突の地名がある。歴史的には郡山・小山田・比志島あたりを満家院と言っていたそうだが範囲的に区名には活かせそうにない。区役所は伊敷支所。

D区

武・田上地区(中央地域)、谷山北地区(谷山地域)、松元地域より構成。面積100km^2くらい、人口16万人くらい、人口密度1600人/km^2くらい。
今回一番無理のある地域。ニュータウンが多いので無駄に人口も多くてよくわからない。町丁レベルでの大きな見直しが必要。区名は西区でいいや。(投げやり) 区役所は松元支所。(投げやり?)

E区

谷山地区(谷山地域)、喜入地域より構成。面積130km^2くらい、人口9万人くらい、人口密度700人/km^2くらい。
区名として旧谿山郡と旧給黎郡から一字ずつとって黎渓区というのを思い付いたのだが確実に採用されないのでとりあえず南区で。喜入の住民が谷山区を受け入れれば話は早いが。あと人口がかわいそうなので谷山北から海側をもらおう。区役所はできれば中間地点に置きたいが、とりあえず谷山支所に。

二国略称

複数の旧国名から一字ずつ採って併称する際、並び方に傾向がある気がしたので、そこそこ使われてるらしいやつをてきとうに集めてみた。(てきとうです)

国境あるいは二国に跨がる地域の他、二国を結ぶ交通路にこのタイプの略称が使われるので、国境を接していなくても併称されることがある。また、国ではなく藩を表すことがある。

「上信越」とか「摂河泉」みたいな三国以上に跨がる略称も気が向いたら調べたい。

こんなのもあるよ、こっちのほうがメジャーだ、とかあったら教えてください。

一字目にあたる国ごとにまとめました。前中後上下に分かれている国も(上州・野州以外は)まとめました。
つまり、接してる国境の数に対して挙がっている名前が多ければ一字目、少なければ二字目に来やすいということになる、はず

9/7 ちょっと追加。むらまさ様より情報提供いただきました 旧国名ネタメモ - 独りごちてます(仮題)
12/16 「肥筑」「豊日」追加

  • 渡島…
  • 後志…
  • 胆振
  • 石狩…狩勝、石北
  • 天塩…塩狩、天北
  • 北見…
  • 日高…日胆、日勝
  • 十勝…勝北
  • 釧路…釧北、釧根、釧勝
  • 根室…根釧、根北
  • 千島…
  • 陸奥、陸中、陸前…陸羽、奥羽
  • 出羽、羽前、羽後…羽越
  • 磐城…磐越
  • 岩代…岩羽、岩越
  • 常陸常磐常総
  • 下野…野岩
  • 上野…上信、上越、上武
  • 下総、上総…総武
  • 安房…房総
  • 武蔵…武相、武信
  • 相模…相武、相越、相甲、相豆、相駿
  • 越後、越中、越前…越佐、越美
  • 佐渡
  • 加賀…加越、加能、加飛
  • 能登…能越
  • 若狭…若越、若丹
  • 甲斐…甲信、甲武、甲相、甲越、甲駿
  • 信濃信越、信飛、信遠
  • 飛騨…飛越
  • 美濃…濃越、濃三、濃尾、濃飛、濃信
  • 伊豆…
  • 駿河…駿相、駿豆、駿遠、駿信
  • 遠江…遠信
  • 三河…三信、三遠
  • 尾張尾三、尾勢
  • 伊勢…勢濃、勢和、勢志
  • 志摩…志勢
  • 伊賀…
  • 近江…江若、江越、江濃、江勢、江丹
  • 山城…城江、城丹、城摂
  • 丹波、丹後…丹但
  • 摂津…摂丹、摂河、摂播
  • 河内…河摂、河泉
  • 和泉…泉摂
  • 但馬…但丹
  • 播磨…播摂、播丹、播但、播淡、播因、播備、播美、播作
  • 淡路…
  • 大和…
  • 紀伊…紀勢、紀泉、紀和、紀淡
  • 因幡…因但、因伯、因備、因美
  • 伯耆…伯備、伯作
  • 出雲…雲伯、雲備、雲石
  • 石見…
  • 隠岐
  • 備前、備中、備後…備播、備作、備讃
  • 美作…美播
  • 安芸…芸備、芸石、芸防、芸予
  • 周防…防石、防長、防予
  • 長門…長周、長石
  • 阿波…阿讃、阿淡、阿土、阿予
  • 讃岐…
  • 伊予…予讃、予土
  • 土佐…土讃、土阿
  • 豊前、豊後…豊予、豊肥、豊日
  • 筑前筑後筑豊、筑肥
  • 肥前、肥後…肥筑、肥薩
  • 壱岐
  • 対馬
  • 日向…日豊、日肥
  • 薩摩…薩長、薩隅
  • 大隅
  • 琉球

国境をもつが今回見つからなかった組合せ…渡島・後志、渡島・胆振、後志・胆振、後志・石狩、石狩・胆振、石狩・日高、陸前・岩代、陸前・磐城、岩代・上野、磐城・下野、常陸・下野、(下野・上野→両毛)、下野・下総、下野・武蔵、伊賀・伊勢、伊賀・山城、伊賀・大和、山城・大和、山城・河内、河内・大和、河内・紀伊因幡・美作、石見・備後、備後・伊予、日向・薩摩、日向・大隅